愛媛小林製薬株式会社
小林製薬株式会社サイト
ホーム > 会社概要 > 社長挨拶・経営理念

会社概要

社長挨拶

愛媛小林製薬は、小林製薬グループの一員として、不織布加工を中心とした紙製品の製造に特化し、地元四国の不織布会社と連携して小林製薬の製品を生産しています。不織布製品は様々な形や機能があり、高度な不織布の選定技術や複雑な機械技術が必要とされます。また高品質の製品を安定して製造するのも高い品質管理能力が要求されます。我々は常に小林製薬グループのブランドスローガンである”あったらいいな”最優先で考え、お客様に満足頂ける製品を供給するために社員一丸となって日夜励んでいます。また我々の地元愛媛でも様々な活動を行っています。地元の学校からの新卒採用はもとより、地域ボランティア活動などにも力を入れております。最近では弊社の”めがねクリーナふきふき”のパッケージに愛媛県のイメージアップキャラクター”みきゃん”に登場頂き、愛媛県との連携も深めています。今後も皆様から愛される愛媛小林製薬となれるよう、従業員一同努力してまいります。愛媛小林製薬 代表取締役 松村浩行

経営理念

Management Principles 我々は、絶えざる創造と革新によって新しいものを求め続け、人と社会に素晴らしい「快」を提供する

小林製薬グループは、医薬品、芳香剤、栄養補助食品(サプリメント)、日用雑貨品、医療機器などの分野で、さまざまな製品を提供しています。
これらの多彩な分野での製品提供は、現状の事業領域にこだわらず、より幅の広い「人と社会に素晴らしい『快』を提供する」という経営理念に基づいた事業活動です。
現在の経営理念は、1999年4月に従来の経営理念に、小林製薬グループの特徴の一つである、「創造と革新」および「Something New Something Different」の意味を加え、新たに作成したものです。
この経営理念にある、人と社会に向けた「快」の提供を追求することが小林製薬グループの存在意義であると考えています。

ブランドスローガン

ブランド憲章

私たちは、日々変化し進化するお客様のニーズを解決するだけでは満足しません。
お客様も気づいていない必要な物を発見し、「こんなものがあったらいいな」をカタチにして、一刻も早く送り届けます。
お客様の立場で開発した製品やサービスが、社会の信頼、お客様の期待を裏切ることのない品質を私たちは追求します。
暮らしの中の発見から生まれた喜びが、いつしか世界にも広がることを夢見て。
私たちは、お客様と深く関わり合い、今までになかった満足を提供することによって社会に貢献する開発中心型企業です。

ブランドスローガン

あったらいいなをカタチにする

ブランド憲章に込めた思いを、一言で表現したものがブランドスローガンです。
この言葉にあう事業活動を進めていき、多くのお客さまとコミュニケーションできればと願っています。

ページの先頭へ