愛媛小林製薬株式会社
小林製薬株式会社サイト
ホーム > ニュース一覧 > ニュース詳細

ニュース

ウルトラウーマン誕生!

2016年11月10日

第22回四万十川ウルトラマラソンの写真
第22回四万十川ウルトラマラソンの完走証の写真

10月16日、高知県で
「第22回四万十川ウルトラマラソン」が開催されました。
四万十川といえば四国最長の川であり
日本三大清流の一つとして有名です。

その四万十川の自然を思い切り堪能できるこのマラソン大会には、
60kmの部と100kmの部があります。
100kmの部のスタート時間は
なんと朝の5時半スタートで制限時間は14時間!
そしてなんと愛媛小林製薬の女性社員が100Kmの部に出場し、
見事完走したのです!!

100kmと簡単にいいますが、
フルマラソンを往復で走ってもまだ届かない距離です。
彼女はその距離を一度も歩くことなく走り抜いたそうです。
信じられない体力、持久力、そして精神力です!

まさにウルトラウーマン誕生です。
ここからはウルトラウーマンのミニインタビューを
お届けしたいと思います。


・出場しようと思ったきっかけは?
死ぬまでにやりたかったことの1つです。
どうせ落選するだろうしと「運試し」でエントリーがなんと当選!
四万十が私を呼んでいると思い、悩んだ末に出場を決定!

・大会までのトレーニング方法と心がまえは?
新居浜から今治城、川之江城、山練では
大永山トンネルまでと月間300kmを3ヶ月続けました。
通っている接骨院で下半身の加圧トレーニング。
食事では糖質制限で3kg減量に成功。
ケガや故障、体調を崩すと走れなくなるので、それだけは絶対避けたい!
練習前後の体のケア、がむしゃらに走るのではなく、休む勇気も大事。

・本番のマラソン中考えていたことは?
特に何も考えていません。
「絶対!完走する!」

・一番つらかった地点、時間帯は?
足が重くなり、77km地点から大失速。
ゴールへのカウントダウンが自分の中では始まっていたので、
ツライとは思いませんでした。
ひたすら給水所でコーラを飲みまくってました。
日頃飲まないコーラがこんなに美味しいとは。笑

・ゴールした瞬間の気持ちは?
「やったー! これで終わりぢゃ! もう走らんでえんぢゃー! 」
「100km 1歩も歩かんかったよ よぉ~頑張ったやん、ウチ!」

・100kmを実際走破して何を感じましたか?
「地元の方、大会スタッフの方、仲間たちの応援はpowerになる」
フルマラソンよりウルトラの方が楽しいかも♪

・仕事や人生とマラソンとの共通点は何かありますか?
「諦めたら終わり」
「絶対目標を達成させると言う強い意志」
「人の支えは必要」

・マラソンの魅力は?
自分が努力してきた結果が実を結ぶゴールでの感動。
(もちろん結果が実を結ばない時もあります)
練習で市内を走っていても、同じ日がない事。
音も空気も気温も風景も毎回違う事を感じながら走れる幸せ。

・読者にひとこと
チャレンジする事を諦めないで欲しい。


いかがでしたか?
実際に走った人でないと絶対到達できない境地ですね!

愛媛小林ではちょっとしたマラソンブームなのですが、
それに一役かっているのがこのウルトラウーマンなのです。
忙しい仕事の中でもちょっとした時間をみつけて皆で楽しく走る
機会やイベントを考えてくれています。

まさに季節はスポーツの秋。
体を動かすには絶好の機会です。
ウルトラウーマンのようにはいかなくても
運動を楽しみたくなってきました!

ページの先頭へ